大手プラットフォーマーによる個人情報取得に関する制限が変更される中で、アプリマーケティングは大きな影響を受けています。

実際にユーザーの獲得やリエンゲージメントにおける影響を受けている広告主、代理店の方々が多いのではないかと予測されます。

アプリマーケティングの次の一手が模索される中で、ユーザー獲得だけではなく、いかにアプリを継続して使ってもらえるのかといった、インストール後の定着指標を捉え、リテンションを重視するアプリマーケティングがこれまで以上に重要になってくるでしょう。

今回のウェビナーでは、日本を代表するニュースアプリ「グノシー」、フリマアプリ「メルカリ」の2社からアプリのマーケティングをリードする野崎氏、平野氏をパネラーにお迎えし、SKAdNetwork を含めたiOS14 以降のアプリマーケテイングの現状、新規獲得施策〜獲得ユーザーの最適化施策など包括的なアプリマーケティングの最新動向をお話しいただきます。

また、モバイルマーケティング分析プラットフォームを提供するAdjust, アプリのユーザー獲得とリエンゲージメントプラットフォームを提供するLiftoff から独自のデータなどを交えて効果的なアプリマーケティングを実践するための対策や今後のアップデートを見据えた見通しなどをお話しいたします。

アプリのマーケティングに関わる広告主、代理店のご担当の方々はぜひご参加ください。


SHARE