Best PracticesMobile Marketingベストプラクティスモバイルマーケティング

Ruoji Tang by Ruoji Tang | 3月 7, 2022

毎年3月8日は、国際女性デー (International Women’s Day) そして女性史月間の第2週目として、世界中で祝われています。 国際女性デーは、それぞれの業界で活躍する女性を称え、彼女たちが直面している挑戦や問題への認識を高める機会でもあります。モバイル業界でも、多くの女性が業界の最前線で活躍しています。

今年の国際女性デーでは、モバイル業界で活躍する5人の女性に、学んだこと、そしてこの業界でキャリアを積もうとする女性へのアドバイスを伺いました。

NHN comico株式会社 事業管理本部 浜野 美穂子 氏

モバイルアプリ業界は年齢・性別・国籍などの区別なく、成果の分だけフラットに評価してくれる組織・企業が多いと思います。興味がある業務にはどんどん手を挙げて経験値を増やしていくと選択肢も増やしていけると考えます。

浜野氏の詳細は こちら 

CyberZ AC事業部 シニアマネージャー 山本 美菜子 氏

私は幸いなことにキャリアを形成する中で女性だからと過小評価されたことや構造的なバリアを感じた事はありません。
だからと言って自分自身にも「女性だから男女平等のキャリア形成が出来なくても仕方がない」や「女性だからライフチェンジに合わせてキャリアをあきらめなければいけない日が来る」というキャリアに対する甘えや諦めも持ったことがありません。モバイル業界には男女問わず活躍を後押ししてくれる企業、制度、テクノロジーがあります。これからも自身のキャリアに自分で限界点を設けずチャレンジし続けたいと思います。

山本氏の詳細は こちら

CyberZ CDO 吉田 莉穂 氏

女性はライフイベントによってキャリアが左右される事も多いかと思いますが、大きなことにチャレンジすればするほど、その後のキャリアや働き方、プライベートとの両立の仕方の選択肢が増えると思います。(自分自身もそう信じて日々奮闘しています。)モバイル業界はチャレンジングな環境が溢れてる業界ですし、現在は働く女性へのサポートも増えていますので、女性のパワーでこの業界を盛り上げていきましょう!

吉田氏の詳細は こちら 

道下 江里花 氏

私は10年以上、モバイルアプリの業界におりますが、日々、革新的なアプリケーションを通じてユーザーにこれまでにない新しい価値が生まれる瞬間を業界の人間として見てきており、イノベーションがあちこちで発生していることを誇らしく思います。きっとこれからもまだ見ぬ新しい価値がが生まれるでしょうし、それをドライブしていく仕事は変化も激しいですが、とても楽しいです。ジェンダーの差を感じたことはないですし、ユーザーへ新しい価値をスピーディーに提供していくことにワクワクできる人にはモバイルアプリ業界はとても魅力的だと思います!

道下氏の詳細は こちら

オーテ株式会社 マネタイズグループ/ カスタマーサティスファクショングループ  マネージャー 目黒 悠 氏

モバイル業界は日々新しい変化が生まれている分、できることの選択肢が多く、やりたいことに手を挙げて、チャレンジをできる環境があると思っています。 それと同時に、男女という区別なく、社員一人一人の「やりたい!」を尊重し、サポートしてくれる企業が多いと実感しています。 これからも進化し続けるモバイル業界を、一緒に盛り上げていきましょう。

目黒氏の詳細はこちら

上記の5名の方にご登壇いただきウェビナーを開催しました。以下をご覧ください。

アーカイブ動画を視聴