The State of App Marketing for Subscription Apps JA Liftoff blog v2

Liftoff Report

Scott Reyburn by Scott Reyburn | 6月 29, 2022

旧来のビジネスモデルが再び脚光を浴びています。雑誌、新聞、ケーブルテレビなどの業界でかつて一般的だったサブスクリプション(購読)型ビジネスモデルが、モバイル業界の主流となっています。アプリインテリジェンス企業のSensor Towerが2022年2月に発表した調査結果によると、2021年第4四半期に米国で販売された売り上げ上位100位中90のアプリがサブスクプション(以下サブスク)でのサービスを提供していました。

サブスクへの移行は大きなビジネスチャンスを意味します。同調査では、ゲーム以外の100のサブスクアプリが全世界で達成した2021年の売り上げは183億ドルで、2020年の130億ドルから大幅増となっています。サブスクの波に乗っているのはゲーム以外のアプリだけではありません。モバイルゲームも同様です。GameRefineryのデータによれば、米国内での売り上げ上位20%を占めるモバイルゲームの約60%がサブスクサービスを提供しています。

LiftoffとAppsFlyerによる「サブスクリプション型アプリのマーケティングの現状」は、ゲームアプリと非ゲームアプリ(教育、エンタメ(ストリーミング)、ヘルス/フィットネス、ライフスタイル、写真、ユーティリティ、ソーシャルメディア、ユーティリティなど)の市場でのサブスクアプリの現状を解説します。また、インストールや収益に関するデータをプラットフォーム、地域、アプリカテゴリー別に詳しくご紹介します。

そして、サブスクアプリで活躍するマーケターの方々が、ユーザー獲得、料金の最適化、インパクトのあるクリエイティブデザインについて最新の戦略を語ります。レポートは無料でダウンロードできます。

レポートは、英語、中国語、ドイツ語、日本語、韓国語でご覧いただけます。

ダウンロードはこちら

レポートの概要:

  • サブスクアプリのインストール、非オーガニックインストール、収益のデータ
  • プラットフォーム、地域、カテゴリー別のトレンド
  • SKAdNetworkとATTのインサイト
  • サブスクアプリのマーケター(Mobile Heroesコミュニティメンバー)からのアドバイス